話題のフルーツ青汁でダイエットを成功させた方法大公開!

フルーツ青汁は効果ない?!フルーツ青汁の効果を十分に活用する方法

フルーツ青汁は効果ない?!フルーツ青汁の効果を十分に活用する方法

芸能人やモデルが行っていたことでブームになったフルーツ青汁ダイエット。ひと昔前の青汁は青臭くて飲みにくく、いくら健康によくても味がまずくて続けられない人が多いのが現状でした。しかし、最近の青汁は抹茶味やフルーツ味など、様々な味のバリエーションがあり、お子様からお年寄りの方まで飲みやすい商品が展開されています。育ち盛りで野菜をあまり食べないお子様の栄養補給や、食が細くなって栄養バランスが心配なお年寄りの方にも人気があります。そんなフルーツ青汁をつかってダイエットをするという方法があります。

ファスティングダイエットをする

ファスティングダイエット
以前モデルさんの間で流行った、酵素ドリンクを使ったファスティングダイエットというものがあります。ファスティングダイエットとは、食事の代わりに酵素ドリンクのみで数日間過ごすという方法で、ダイエット効果も高く身体の中も綺麗になる事で注目を集めていました。その酵素ドリンクの代わりにフルーツ青汁を使ってダイエットをするという方法があります。青汁は栄養バランスもとてもよく、新鮮な野菜の栄養素をぎゅっと詰め込んであります。青汁で代表的な野菜といえば大麦若葉やケールですが、あまり市場で出回ることのないこの野菜ですが、栄養素はとても高く、ビタミンやミネラルにカルシウムが他の緑黄色野菜の何倍にも及ぶので、スーパー緑黄色野菜と呼ばれています。

毎日欠かさず摂取する

毎日欠かさず摂取する
カリウムも豊富なので利尿効果があり、むくみが気になる女性には嬉しい成分です。そんなフルーツ青汁には様々な身体にうれしい成分が配合されています。一つは身体の中を綺麗にお掃除してくれる食物繊維と、乳酸菌が配合されています。現代の日本人は食物繊維が不足しており、食物繊維は腸の中を綺麗にお掃除してくれる役割があります。また乳酸菌は年齢を重ねると腸内にいる数も減少します。これらの成分が不足してしまうと便秘になってしまうのです。そこでフルーツ青汁はダイエット中に起こりやすい便秘を解消すべく、乳酸菌と食物繊維を豊富に配合しています。毎日摂取する事で、お通じも良くなり新陳代謝も活発化してダイエットに繋がります。

美肌効果を高める

美肌効果
またダイエットを行うとどうしても肌荒れになってしまう女性は少なくありません。ですが、その問題をフルーツ青汁は解決します。ビタミンCにプラセンタやセラミドなど、お肌の弾力維持や潤いを保つ成分を配合しています。毎日飲む事でダイエットしながら美肌にも慣れるので一石二鳥といえるでしょう。

ライフスタイル合わせて始められる

ライフスタイル合わせて始められる
このフルーツ青汁を使ったダイエット方法ですが、特に決まりはありません。例えば毎朝朝食を食べられない人は栄養補給もかねて朝食をフルーツ青汁にして残りの昼ご飯と夜ご飯を普通にする、朝昼は普通のご飯にして夜は食べ過ぎ防止でご飯前にフルーツ青汁を飲んで普通のご飯を食べるという方法があります。それぞれのライフスタイルに合った方法で始める事ができるのも魅力的です。

効果が出ないのは痩せやすい体質になっていない

効果が出ないのは痩せやすい体質になっていない
さて、この健康的でいかにも痩せそうなフルーツ青汁ですが、効果がない場合もあるのです。それは、フルーツ青汁に任せっきりで運動をしなかったり、1食置き換えているからと油断をして残りの昼食や夕飯を高カロリーナ食事にしてしまうと意味はありません。和食を中心にバランスのいい食事が大切です。1日の摂取カロリーを1600キロカロリー以内にし、脂っこいものや砂糖を多く使ったものは体内に余分な脂肪や糖として蓄積されてしまい、結果的にいくら青汁で置き換えダイエットをしても意味がなくなるので注意が必要です。また、脂肪をエネルギーに変えるには筋肉が必要です。筋肉は身体に蓄積された余分な脂肪や糖を燃やしてくれるので、筋肉量があればあるほど基礎代謝量も多くなります。そのため定期的な運動は必要ですが、アスリート並みに運動をするとただきついだけで長続きはしません。例えば、毎日電車で通っている人は一駅手前で降りて歩いて仕事場まで通ってみたり、自宅でストレッチやヨガをやる習慣を取り入れてみたり、休日は1時間ウォーキングをするなど、自分が続く範囲で運動をすると基礎代謝量も上がり摂取カロリーも抑えられるので燃焼する比率が高くなり、結果的に痩せやすい身体になると言えるでしょう。

まとめ

どんなに健康的でダイエットにいいものでも、摂取カロリーを間違えてしまうとせっかくのダイエットも水の泡です。外食へ行く場合はメニュー欄のカロリーに注目し、中には1000キロカロリー近いものもあるので、カロリーに気を付けてみましょう。また痩せすぎにも注意が必要です。特に1か月5キロ以上の急激な体重減少はリバウンドに繋がりかねません。また、元々痩せている人が無理なダイエットを行うと感染症に対して弱い身体になるため、自分の理想体重を割り出して、適正範囲内でダイエットを行いましょう。栄養たっぷりで美容成分が濃縮されたフルーツ青汁を飲んで、子供からお年寄りまで健康維持とダイエットのために上手に活用しましょう。