話題のフルーツ青汁でダイエットを成功させた方法大公開!

正しい方法を知ろう!フルーツ青汁でのダイエット方法とは?

正しい方法を知ろう!フルーツ青汁でのダイエット方法とは?
綺麗になりたい、痩せたいという方におすすめなのは、フルーツ青汁でのダイエットです。青汁は苦い、美味しくないというイメージがありますが、フルーツ青汁は適度な甘みがあり、美味しく飲むことができます。また、成分にもこだわり、ビタミンや酵素だけでなく乳酸菌が入っているものもあります。食事の方法や内容を変えていくだけで、痩せることができ、さらに健康的で綺麗になることができます。このフルーツ青汁でのダイエットは、芸能人も多く活用している方法です。

まずはフルーツ青汁で痩せやすい身体作り

フルーツ青汁は、健康補助食品です。普段の食事では摂取しきれない栄養分を補ってくれます。必要な栄養分を摂るために、たくさん食べてしまうと体に負担がかかってしまいます。そこで、フルーツ青汁で補助をしながら適度な食事をしていくことが大事です。フルーツ青汁は内面から痩せやすくなる、綺麗になるという効果はありますが、飲むだけで必ず痩せるわけではありません。痩せるためには、生活習慣を改善することが必要です。さらに食事の方法を変えることで、効果的なダイエットが行えます。

ファスティングダイエットを行う

ダイエットを行う際には、痩せたいという思いがあり、その目標に取り組むことが大事です。また、肥満になる原因を突き止め、その悪い生活習慣などを改善していく気持ち、適切な運動や食事制限などを行う行動力が必要です。そこで、フルーツ青汁によるプチ断食と呼ばれるファスティングダイエットについて説明します。

ファスティングとは

ファスティングとは、一定期間食事を摂らないダイエット方法ですが、水分などは摂取可能になります。その水分をフルーツ青汁にしていく方法です。準備期、ファスティング期、復食期があり、しっかりと守ることで効果を最大限に出すことができます。準備期では、体を慣れさせるためにファスティング前に準備期間を作ります。内容としては、普段よりも食事の内容を減らし、腹6分目ぐらいを目安に食べます。和食などの身体にいいものを積極的に摂るようにします。

重要な栄養素を摂る

ファスティング期では、水分のみで生活をしていきます。その水分をフルーツ青汁にすることで、重要な栄養素を摂ることができます。通常は1日~3日で、3日以上は医師の管理の下に行うべきです。ファスティングを終えると、通常の食事に戻すための重湯や流動食から開始し、徐々に固形の物を食べるようにします。このダイエット方法では、普段食べ過ぎて疲れている胃腸を休ませ、体の毒素や余分なものを排出していきます。

脂肪を燃焼させる

また、急速なエネルギー不足になることで、脂肪を燃焼させる働きがあります。このダイエット方法は効果的ではありますが、身体に負担がかかる方法でもあります。そのため、体調の悪いときは行わない、栄養が少ない状態なので激しい運動はしない、しっかりと復食期間を設けるなどの注意点を守るようにすることが大事です。無理に頑張りすぎると、身体を壊してしまう可能性もあるため、正しい知識と体調管理が必要です。

1食のみ置き換える

具体的にフルーツ青汁でのダイエット方法では、朝食などの一食のみを置き換える方法がおすすめです。朝食では、ご飯などの炭水化物を抜くことで、インスリンの分泌を抑制し、太りにくくなります。朝の血糖値の上昇が少ないと、一日を通して血糖値が安定しているというデータが出ています。

さらに、フルーツや乳酸菌を摂ることで、腸内環境や血液の流れが改善できます。よって、フルーツ青汁には、酵素や乳酸菌、ビタミンなどが含まれているので、朝食の置き換えに最適なのです。朝食を置き換えた場合は、昼食と夕食は通常通り摂取しても構いません。しかし、脂っこいものや炭水化物を多く摂ると、意味がなくなってしまうので、ストレスがない程度の健康に良い食事をすることが大事です。

たんぱく質は多く摂る

他にも、食事の食べ方などで脂肪の吸収に変化があります。最初に野菜を食べ、炭水化物は後から食べるといいと言われています。また、糖分や塩分、脂肪分の多いおやつは控えめにします。ナッツやチーズなどの食品をおやつ代わりにするのもおすすめです。炭水化物は減らしても、たんぱく質は多く摂る必要があります。体を作るのはタンパク質ですので、不足がないように心掛けましょう。

まとめ

最後に、フルーツ青汁を飲むながらできる簡単なダイエット、生活習慣の改善についてです。できれば、毎日寝る前の4時間は食事を控え、睡眠中を含め12時間ほど食事を摂らない時間を設けます。これにより、太りにくい体質にすることができます。通常、寝ている時間はカロリーを消費しづらいために脂肪を溜め込んでしまいます。また、寝る前などは副交感神経が優位になっているので代謝が低下し、熱を産生しづらくなっています。さらに、夜は脂肪を蓄積させていくタンパク質が増加します。そのため、寝る前に食事を摂ると、それが体の中に溜め込まれてしまうのです。この生活習慣を改善していくことで、寝る前のプチファスティングにもなり、効果的なダイエットを行うことができます。