話題のフルーツ青汁でダイエットを成功させた方法大公開!

フルーツ青汁の主な成分は?

フルーツ青汁の主な成分は?
最近何かとフルーツ青汁が有名になってますよね。低カロリーで豊富な栄養素を持っているため、健康食品だけでなくダイエット商品としても効果が期待されています。そんな話題になるんだったら意外と効果あるかも!なんて生半可な思いで始めるのは早いですよ。いったん落ち着いて、それがいったいどんなもので、どんな素材が入っていて、どんな効果が出るとされているのかをよく見てみましょう。ただ、「フルーツ青汁がいいんでしょ」と買っても、少量の意欲では成功する兆しすら見えずに頓挫することでしょう。それよりも、どのような過程を経てどのような魅力となるのかを理解したうえで、自分に合ったフルーツ青汁を見つけるのも面白くないですか!?では早速、一般的なフルーツ青汁に含まれる食品や栄養素、その効能について見ていきましょう。

青汁を構成する大麦若葉やクマザサ

まず、青汁を構成する原料についてです。例を挙げると、大麦若葉やクマザサ、明日葉、甘藷若葉などでしょうか。

大麦若葉

大麦若葉はその名の通り、イネ科の大麦の若い葉の部分を指します。骨などの体の組織を構成し、調子を整えるミネラルや健康を維持するための潤滑油とも言えるビタミンが豊富で、脂肪が生活習慣病を引き起こす過酸化脂質になることを防ぐ働きを持つビタミンEを、ニンジンの含有量の約44倍も含んでいます。脂肪を燃やしたり健康な爪や皮膚を作る、発育や美容に関わっているビタミンB2は、キャベツの含有量の約38倍も含まれており、肥満予防や便秘症対策となる食物繊維などもバランスよく含まれているため、新陳代謝を高める効果や生活習慣病を予防する効果があります。

クマザサ(熊笹)

クマザサ(熊笹)はクマが食料にしたり出没しそうな場所に生えているのでこういう名前になったらしいです。パンダが食べるような笹状の植物でこれも同様にミネラルなら鉄やカルシウム、ビタミンなら皮膚や粘膜の健康維持を助けるビタミンCや炭水化物(糖質)の代謝を促すビタミンB1が豊富です。食物繊維も同じく豊富なため、便秘解消・整腸効果が望めます。

ダイエットをサポートするための酵素

次に、ダイエットをサポートするための酵素です。これは果物、野菜、野草、海藻などに含まれていて、食べたものを消化させるにも身体の脂肪を燃焼させるにも酵素が必要です。身体の酵素が少なくなると自然と太ってしまうし、毎日の食事でも酵素は摂取するのは難しいため、ダイエットする方々には欠かせませんね。

美容成分

他にも美容成分が含まれていることもあります。三大美容成分と言えばヒアルロン酸、セラミド、プラセンタですが、なんとなく名前が難しいのでどんな効果あるの?と聞かれても説明できる人は多くないのではないでしょうか。例えばヒアルロン酸は肌の表面の水分がそれ以上飛ばないように水分を抱え込む役割を果たします。保湿効果によってもちもちプルプルな肌を目指せます。

セラミド

セラミドは外部からの刺激や細菌の侵入を防ぐために役立ちます。ヒアルロン酸同様、保湿効果も望めますので明るくすべすべな肌になります。

プラセンタ

プラセンタは豊富な栄養を備えており、肌に透明感を与えることで更なる女性らしさを加えることができます。また、乳酸菌や大豆イソフラボンは要チェックです。生きたままの乳酸菌が腸まで直接届き、お腹の中の善玉菌が増えるので、悪玉コレステロールは善玉菌が見事にやっつけてくれます。悪玉コレステロールが沢山ある状態では脂肪が溜まってしまうので、乳酸菌を活用すれば自然とダイエット成功の道を進んでいるのです。

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは大豆の胚芽に多く含まれるフラボノイドの一種です。フラボノイドはポリフェノール成分の大分類の一つを指します。大豆イソフラボンは構造が女性ホルモンに似ているため、女性らしい美しさを取り入れることができるのです。大豆食品に多く含まれるため、豆腐や納豆といった食品を好んで食べる日本食文化によって、女性の乳がんや前立腺がんの発生率が低いという研究データもあるくらいです。

果物

フルーツ青汁で肝となるのが、名前にある「フルーツ」、すなわち果物です。果物には果物独自の美容効果のある酵素やビタミンを多種に亘って含んでおり、水分量も多いため、体内を洗浄する効果を期待できます。また、フルーツ青汁にはフルーツの風味が加えられているため、飲みにくさの解消にも繋がります。

まとめ

このような沢山の種類の成分がバランスよく配合されているのがフルーツ青汁です。ダイエットするために飲むということはもともと体が健康的でないということですよね。偏った食事習慣を持っている方々にこそ必要な商品と言えます。

最近では某人気アイドルがフルーツ青汁でダイエットを成功させたようでこのようなブームはそれが引き金になっていることも事実です。しかし、最初に警告したように、人気に乗じてただ商品名を見てただ買うくらいの熱意で本当に効果を実感できるのでしょうか。どんな素材、どんな栄養、どんな効果かをしっかりと理解すれば、より実感できる効能の量も変動してくるはずです。

今回取り上げたのはフルーツ青汁の魅力のほんの一部でしかありません。健康で健やかな身体を望む方々は、今一度このダイエット方法が自分に見合っているかを考え、少しでも多くの方にフルーツ青汁を体験してほしいです。